エアバス、ロールス・ロイス、シーメンスの3社は、ハイブリッド電気飛行機の飛行実験機「E-Fan X」を共同開発する。

BAe 146飛行テストベッドを使用し、4基のガスタービンエンジンの一つを2メガワットの電気モーターと入れ替える。システムの成熟度が実証された後に、2つ目のガスタービンエンジンも電気モーターに入れ替える。様々な地上テストプログラムを実施した後、2020年に初飛行する予定。

エアバスは全体的な統合と、ハイブリッド電気推進システムの制御アーキテクチャ、バッテリー、フライトコントロールとの統合を担当する。ロールス・ロイスはターボシャフトエンジン、2メガワットジェネレーター、パワーエレクトロニクスを担当し、エアバスと共に既存のナセルとシーメンスの電気モーターのファンの適合に取り組む。シーメンスは2メガワット電気モーターとその電子制御装置、変換機、DC/DCコンバータ、電力分配システムを担当する。実験機では熱影響や電気推力管理、高度、電気システムの動的作用、電磁場適合性といった高出力推進システムにおける課題を調査する。技術、性能、安全性、信頼性を推し進め、成熟させることによって、ハイブリッド電気技術の早急な向上と、将来的な証明取得要件の確立を目指す。

情報提供元:Traicy
記事名:「エアバスなど3社、ハイブリッド電気飛行機の飛行実験機「E-Fan X」を共同開発