NTTドコモは、1枚のSIMカードに各社の電話番号や契約内容などの加入者情報を格納し、渡航国や地域に応じて通信事業者の切り替えが可能なマルチプロファイルSIMをオランダのジェムアルトの技術協力のもとで開発した。

海外渡航の際に、渡航先の通信事業者で音声通話やデータ通信などを行う際には、SIMカードを現地の通信事業者のものに差し替える必要があったものの、マルチプロファイルSIMではSIMカードを差し替えることなく、現地の通信事業者のサービスを利用することができる。例えば、日本ではNTTドコモの回線を使い、タイではTrueMove Hの回線を1枚のSIMカードで差し替えることなく通信できる。事前にSIMロックの解除が必要で、渡航先で利用できる通信事業者はNTTドコモが指定する通信事業者に限られる。渡航先でNTTドコモの電話番号で音声発信をしたい場合などには手動で回線を切り替えることもできる。

NTTドコモとジェムアルトは、2016年2月より「コネクサス・モバイル・アライアンス」に加盟する通信事業者と技術検証を進め、安定性が確認できたことから、12月1日から2018年3月30日まで、タイのTrueMove HとベトナムのVNPTを対象とし、両国に支店や工場がある法人を対象に計100回線で実証実験を行う。2018年度内にサービスの提供開始を目指す。現時点で提供時期、提供する国や地域、利用条件などは未定。

情報提供元:Traicy
記事名:「NTTドコモ、渡航国に応じて回線の切り替えができるマルチプロファイルSIMを開発