国土交通省は、札幌航空交通管制部で11月24日午後7時47分に発生した通信障害の原因を明らかにした。

対空通信施設に電源を供給する、バックアップ機能を有する電源供給装置に不具合が発生し、電源が供給されなくなったことが原因で、不具合が発生した電源供給装置を迂回する電源経路に切り替えたことで、同日午後9時20分に復旧した。

電源供給装置の不具合の原因を調査するとともに、同様の障害が発生しないよう、早急に再発防止策を講じるとしている。東京、福岡、那覇の航空交通管制部の対空通信施設の電源供給装置では、電源供給装置の構成が異なるため問題がないとしている。

札幌航空交通管制部では、稚内、利尻、紋別、女満別、中標津、釧路、旭川、帯広、札幌/丘珠、札幌/千歳、奥尻、函館、青森、ミサワ、大館能代、秋田、花巻の各空港を管轄している。通信障害の影響で、国内の航空会社では34便が欠航、26便が遅延した。

情報提供元:Traicy
記事名:「札幌航空交通管制部での通信障害、原因は電源供給装置の不具合