大韓航空と仁川空港公社は、2018年1月18日にオープンする仁川国際空港第2ターミナルの視察旅行を行った。

11月27日から4回に渡って、日本の旅行会社から約100名を招待する。韓国国外から旅行会社を招待した視察旅行は初めてで、セルフチェックインやセルフバックドロップ、セキュリティチェックなどの最新鋭のシステム、乗り継ぎ客が無料で使用できるジム・シャワーなどの乗り継ぎ施設、入出国や乗り継ぎの動線などを視察した。

第2ターミナルは屋根全体をソーラーパネルにするなど、環境に配慮した。セルフチェックイン、セルフバックドロップなどを取り入れ、手続きの待ち時間を短縮した。大韓航空のほか、デルタ航空、エールフランス航空、KLMオランダ航空のスカイチーム加盟航空会社が主に使用する。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「大韓航空と仁川空港公社、来年1月オープンの仁川国際空港第2ターミナルの視察旅行実施 日本から約100名