ニュージーランド航空は、ブロックチェーン技術をベースとしたシステムの活用の研究に取り組むことを明らかにした。

ブロックチェーンは、暗号化された共通プラットフォームを構築し、取引情報を安全かつ効率よく追跡できる方法として、世界中で採用されている技術。ニュージーランド航空では、貨物、手荷物追跡、小売、流通、ロイヤルティプログラム等でブロックチェーンの導入を検討している。

ブロックチェーンを用いて航空会社やホテルなどのサプライヤーとセラーを直接つなぐマーケットプレイスの開発を行っているスイスのワインディング・ツリーと提携した。

ニュージーランド航空チーフ・デジタル・オフィサーのアヴィ・ゴラン氏は、「ブロックチェーン技術については研究段階ですが、同技術は、既存のチャンネルと並行して、航空券やそれに付随する商品を合理的に小売販売する方法を見つけ出す可能性を秘めています。販売経路から複雑さを取り除くことで、お客様にはお得な価格で提供できるとともに、航空会社としても迅速かつ安全な情報共有による恩恵を得られます。」とコメントしており、ワインディング・ツリーのマーケットプレイスにより、新興企業も旅行サービスプロバイダーのオファーに直接アクセスすることができるという。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「ニュージーランド航空、ブロックチェーン活用の研究に着手 ワインディング・ツリーと提携