日本航空(JAL)は、メールコンテンツ・プラットフォームとして、チーターデジタルの「Movable Ink」を採用した。

「Movable Ink」は、さまざまなデータを用いてメール開封時の状況を瞬時に識別し、ユーザーに最適化された動的コンテンツを自動生成することができる。カウントダウンタイマーや、閲覧時点の価格や在庫、ポイントの変動をリアルタイムに更新できる機能、開封時間に合わせて画像を自動的に切り替える機能、ウェブサイトやSNSとの連携などを備える。これによりエンゲージメントを高める効果が期待されている。

チーターデジタルは、世界17カ国で事業を展開するマーケティング支援会社。ヒルトンやデルタ航空などのマーケティング活動のサポートも行っている。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「JAL、チーターデジタルの「Movable Ink」採用 ユーザーに最適化されたメール生成