サンズ・チャイナは11月20日、ザ・ベネチアン・マカオの開業10周年記念式典を開催した。

サンズ・リゾーツ・マカオは、ザ・ベネチアン・マカオなどに客室約13,000室を擁し、約150店舗の飲食店、コンベンション施設、850店舗以上の免税店などを設けている。

ラスベガスにヴェネツィアを再現しようと思いついたのは、ラスベガス・サンズとサンズ・チャイナのシェルドン・G・アデルソン会長兼最高経営責任者(CEO)の妻であるミリアムさんだったという。「コタイ・ストリップをワールドクラスのビジネス、レジャー、そして家族向けデスティネーションとして確立する」というビジョンを具現化し、オープンから10年間で約5億人が訪れた。

式典には、ラスベガス・サンズのパトリック・デュモン執行副社長兼最高財務責任者(CFO)、マカオ特別行政区のアレクシス・タム・チョン・ウェン社会文化省長官、マカオ特別行政区ヤオ・ジアン中央人民政府連絡事務局長、中国人民政治協議会議全国委員会エドモンド・ホー副議長、マカオ特別行政区の中華人民共和国外務省長官室のワン・ドン氏、サンズ・チャイナ社のウィルフレッド・ウォン博士マカオ特別行政区ゲーミング・インスペクション・コーディネーション局ディレクターのパウロ・マーティン・チャン氏らが参加した。

情報提供元:Traicy
記事名:「ザ・ベネチアン・マカオが開業10周年 記念式典開催