MAYA SYSTEMは、世界100カ国・地域以上で利用できるWi-Fiルーター「jetfi モデル G3」の販売を11月22日より開始した。

遠隔で通信事業者の切り替えができる組み込み型SIM(eSIM)を搭載したWi-Fiルーターで、世界中のSIM情報を管理するサーバーから情報をダウンロードして書き込むことで、各国の最適なネットワークに自動で接続することができる。利用者はSIMカードの差し替え、APNなどの設定変更を行うことなく対応する各国で利用することができる。また、国内通信プランを別料金で利用することや、格安SIMを挿入して利用することもできる。

初期費用は24,800円で、100台限定で19,800円となる。開通手数料はeSIM利用の場合は無料、MAYA SYSTEMが提供するSIMの場合は3,000円となる。利用料金は国内では1日50MBまで500円、MAYA SYSTEMが提供するSIMでは1ヶ月あたり1GBまで1,200円、3GBまで1,500円、7GBまで2,500円、無制限で4,980円。海外利用では1日500MBまで680円から780円程度となる。

レンタルルーターのように受取や返却の手間がかからず、繁忙期の在庫切れの心配、現地SIM調達の手間なく利用できる。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「世界100以上の国・地域で利用できるWi-Fiルーター「jetfi モデル G3」発売