ジェイティービー(JTB)とジェーシービー(JCB)の合弁会社であるJ&J事業創造は、運営する外国人向け観光農園紹介サイト「Japan Fruits」を活用して、サイト内で紹介する農園のフルーツを外国人が購入できるようにする。

くまもとDMCと連携し、香港・シンガポール向けに熊本県産フルーツの販売を行う。販売期間は10月4日から1年間で、新興梨、富有柿、温州みかんなどを収穫シーズンに合わせて販売する。

J&J事業創造では、訪日外国人による観光農園の人気が高まっている中で、外国人が日本のフルーツやフルーツ狩りに関する情報を旅行前に入手することや帰国後のフルーツの取り寄せが難しいことから、地域のPRや越境販売を支援する。「Japan Fruits」ではJTBパブリッシングが有するデータを元に、全国770ヶ所以上の観光農園の情報を、英語、中国語、タイ語で紹介している。今後は空港で帰国日に受け取り、鮮度が良い状態で持ち帰りやすくするサービスも展開する。

情報提供元:Traicy
記事名:「J&J事業創造、外国人向け観光農園紹介サイトを活用してフルーツ販売