エアアジアXは、クアラルンプール〜ジャイプール線を2018年2月5日より開設する。

ジャイプールはインドの都市。クアラルンプールとジャイプールを結ぶ、初の格安航空会社(LCC)となる。クアラルンプール発、ジャイプール発ともに、月・水・金・土曜の週4便を、プレミアムフラットベッド12席、エコノミークラス365席の計377席を配置したエアバスA330-300型機で運航する。

9月には、タイ・エアアジアがバンコク/ドンムアン〜ジャイプール線を開設しており、利用率が好調だったことから新路線の開設に踏み切った。エアアジアXでは、2016年2月に開設したクアラルンプール〜デリー線の搭乗率は88%を記録しているという。クアラルンプール〜ジャイプール線は開設から2018年12月までに132,000人から143,000人の利用を想定している。

■ダイヤ

D7184 クアラルンプール(19:00)〜ジャイプール(22:00)/月・水・金・土

D7185 ジャイプール(23:15)〜クアラルンプール(07:05+1)/月・水・金・土

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「エアアジアX、クアラルンプール〜ジャイプール線開設 来年2月5日から週4便