ハウステンボスは、電子通貨「テンボスコイン」を使った決済システムの実証実験を、12月中旬から約3ヶ月間、従業員を対象に実施する。

将来的には「テンボスコイン」を円、ドル、ビットコインへの両替ができる、金本位制に基づく世界初の仮想通貨とする計画。ハウステンボスはすでに約1トンの金(約50億円相当)を保有しており、その一部にあたる総額8億円相当の金は、12月16日に公開する施設「黄金の館」で触れることができる。

「テンボスコイン」は、スマートフォンのアプリで運用されており、場内の指定場所で、1テンボスコインを1円相当でチャージすることで、現金を使うことなくハウステンボス内で食事や買い物をすることができる。まずは従業員約1,300名を対象に、社員食堂や場内のレストランで実証実験を行う。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「ハウステンボス、金本位制の仮想通貨「テンボスコイン」を導入へ 1トンの金保有