ルフトハンザグループは10月24日、中国のアリババグループが運営する旅行プラットフォーム「Fliggy(フリギー)」と戦略的パートナーシップ協定を締結し、公式旗艦ショップ「Lufthansa.fliggy.com」を開設した。

フリギーは中国の若年層に人気が高いオンライン旅行プラットフォームで、公式旗艦ショップでは、ルフトハンザ・ドイツ航空、スイス・インターナショナル・エアラインズ、オーストリア航空の航空券を、公式サイトと同一価格で購入できる。中国人の海外旅行者数は、2016年には1億2,200万人を記録しており、その大半をインターネットやデジタルに精通した若者が占めているという。ルフトハンザグループでは、ブランド認知度の向上や、データ分析による販売強化などを目指す。

ルフトハンザグループは、北京、上海/浦東、南京、青島、香港とフランクフルト、ミュンヘン、チューリッヒ、ウィーンを結ぶ直行便を運航している。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「ルフトハンザグループ、フリギーとパートナーシップ協定締結 公式旗艦ショップを開設