ボーイングは、中国国際航空にボーイング737 MAX 8を初めて引き渡した。

中国の航空会社として初の導入となり、2018年までに中国の航空会社は100機近くのボーイング737 MAXの引き渡しを受ける計画。

ボーイング737 MAXは、CFMインターナショナル製のLEAP-1Bエンジン、先端技術を取り入れたウイングレット、ボーイングスカイインテリア、大型フライトデッキディスプレイを取り入れている。現在世界の航空会社92社から3,900機以上の発注を受けている。

中国国際航空は現在、7機のボーイング747-8型機、26機のボーイング777-300ER型機、11機のボーイング787-9型機、140機以上のボーイング737型機を運航している。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「中国国際航空、ボーイング737 MAX 8を初受領