エアアジアのグループ最高経営責任者(CEO)であるトニー・フェルナンデス氏が、自伝となる書籍「Flying High」を出版した。

トニー・フェルナンデス氏は、ヴァージン・コミュニケーション・ロンドン、ワーナーミュージックグループ各社を経て、1999年にワーナーミュージック・サウスイーストアジアの副社長に就任。2001年にTune Airを設立し、負債を抱えていたエアアジアを1マレーシア・リンギット(約0.28円)で買収し、負債と250名の従業員、ボーイング737-300型機2機を引き継いだ。エアアジアはその後躍進を続け、2年で負債を完済した。

10月29日には、共同出資者のカマルディン・メラヌン氏、エアアジアXのベンヤミン・イスマイルCEO、エアアジア・マレーシアのアイリーン・オマルCEOらが発表会に駆けつけ、出版を祝った。

価格は86.95マレーシアリンギット(税込)。大手書店やエアアジア機内、BIG DUTY FREEなどで販売している。日本のアマゾンでも販売しており、Kindle版は2,872円、ペーパーバックは2,395円、ハードカバーは3,102円(いずれも税込)。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「エアアジアのトニー・フェルナンデスCEO、自伝「Flying High」を発売