ニュージーランド航空(メイン)

オーストラリアの航空格付け会社、AirlineRatings(エアラインレイティングス)は、2018年の「Airline of the Year(エアライン・オブ・ザ・イヤー)」を発表した。

航空会社の安全性や設備、財務状況などを総合的に評価したランキングで、毎年発表されている。トップは5年連続でニュージーランド航空だった。2位はカンタス航空、3位はシンガポール航空で、日本からは7位に全日空(ANA)、10位に日本航空(JAL)がランクインしている。

また、「ベストファーストクラス」と「ベストキャビンクルー」はシンガポール航空、「ベストビジネスクラス」はヴァージン・オーストラリア、「ベストプレミアムエコノミー」はニュージーランド航空、「ベストエコノミークラス」は大韓航空、「ベストケータリング」と「ベストラウンジ」、「ベスト国内線クラス」はカンタス航空、「ベストインフライトエンターテイメント」はエミレーツ航空、「ベストリージョナルエアライン」はエーゲ航空、「最も改善したエアライン」は天津航空、「ベストウルトラローコストエアライン」はベトジェットエア

「ベストロングホールエアライン」はエティハド航空、大韓航空、ヴァージンアトランティック航空、エア・カナダの4社。「ベストローコストエアライン」はウエストジェット、スクート、ノルウェー・エアシャトルの3社だった。

■ランキング

1位:ニュージーランド航空

2位:カンタス航空

3位:シンガポール航空

4位:ヴァージンアトランティック航空/ヴァージン・オーストラリア

6位:エティハド航空

7位:全日空(ANA)

8位:大韓航空

9位:キャセイパシフィック航空

10位:日本航空(JAL)

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「エアラインレイティングス、エアライン・オブ・ザ・イヤー発表 ANAとJALがトップ10入り