全日空(ANA)は、新搭乗スタイル「ANA FAST TRAVEL」を11月8日より新千歳空港に導入する。

自動手荷物預け機「ANA Baggage Drop」サービスや「Special Assistanceカウンター」の導入、プレミアムチェックインカウンターリニューアルを行う。待ち時間の抑制やわかりやすい導線を提供することによる混雑解消を目指す。

「ANA Baggage Drop」は10台を導入する。日本語、英語、中国語(繁体・簡体)、韓国語の4ヶ国語に対応する。これまでは手荷物を預ける前にX線検査を行っていたものの、預け入れ後に飛行機に搭載するまでの間に検査を行う、「インライン・スクリーニング・システム」を導入する。

プレミアムチェックインカウンターは、室内型カウンター「ANA PREMIUM CHECK-IN」となり、隅研吾氏が監修にした「ANA SUITE LOUNGE」「ANA LOUNGE」や搭乗口にも直結する。この他にも、新たに「Special Assistanceカウンター」を中央保安検査場付近に設置する。空席待ちカウンターは出発カウンターから保安エリア内に変更する。

「ANA FAST TRAVEL」の導入は、2015年の羽田空港への導入に次いで2空港目となる。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「ANA、新千歳空港のカウンターリニューアル 自動手荷物預け機も導入