良品計画は、中国・深センに「MUJI HOTEL SHENZHEN」を2018年1月18日、北京に「MUJI HOTEL BEIJING」を2018年3月20日にそれぞれ開業することを決定した。

「アンチゴーシャス、アンチチープ」をコンセプトとし、タオルの手触り、コンセントやスイッチの配置、レストランのメニューや空間などを通して、無印良品の思想を体感できるホテルを目指す。

「MUJI HOTEL SHENZHEN」は、総合商業施設、深業上城(UpperHills)内に位置。2階がレセプション、4階から6階が客室となる。2階には「MUJI Diner」を導入し、宿泊者以外でも朝食、夕食、バーの利用ができる。2階と3階部分は無印良品の店舗となる。客室数は全79室。運営は深セン深業酒店管理有限公司が行う。

「MUJI HOTEL BEIJING」は、再開発地域の北京坊の一角にある4階建ての建物の1階をレセプションとカフェ、ブックショップ、2階と3階部分を客室、4階をレストランとする計画。客室数は全42室。UDSと現地法人の誉都思酒店管理(北京)有限公司が運営する。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「良品計画、「MUJI HOTEL」を北京と深センに開業 無印良品の思想が体感できるホテル