シルクエアーは10月30日より、広島〜シンガポール線を開設した。

10月初旬に初めて受領したボーイング737 MAX 8で運航する。ワイヤレスの機内エンターテインメント「シルクエアースタジオ」をスマートフォンやタブレットで楽しむことができる。初便には135名が搭乗し、シルクエアーのフー・チャイ・ウー最高経営責任者(CE)と機長の直筆署名入りの初フライト証明書と記念品がプレゼントされた。

シルクエアーは、シンガポール航空グループの中短距離線を運航するフルサービスキャリア。日本へは初の定期便乗り入れとなる。シンガポール航空と合わせると、福岡、名古屋/中部、大阪/関西、東京/成田、東京/羽田をあわせた日本の6空港に就航することになる。シルクエアーの就航都市は16カ国の53都市に拡大する。

■ダイヤ

MI867 広島(10:25)〜シンガポール(15:40)/月・木・土

MI868 シンガポール(01:45)〜広島(09:30)/月・木・土

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「シルクエアー、広島〜シンガポール線開設 日本へ初の定期便乗り入れ