関西国際空港を運営する関西エアポートは、2017年冬ダイヤにおける同空港の国際定期便数が過去最高を記録したと発表した。

韓国や東南アジアはじめとするアジア方面の好調に加え、オセアニアやハワイ方面の拡充もあり、国際定期便数は2017年夏ダイヤに比べて週58

便増加し、過去最高の週1,362便を見込む。国際旅客便数は週1,220便で、開港来初めて1,200便を超え過去最高となった。

格安航空会社(LCC)による新規路線も増加傾向にある。12月19日にはスクートがホノルル・シンガポール線に新規就航。国際線におけるLCC便数は2016年冬ダイヤ比89便増の週481便となり、国際旅客便の約4割がLCCとなる。また、同空港の国内旅客便に占めるLCCの便数は1日39便となり、全体の半数以上がLCC便になる見込み。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「関西国際空港、国際定期便数が冬ダイヤで過去最高に 国際線の約4割はLCC