タイ首相府は、故プミポン前国王の服喪期間を延長すると発表した。

これまでは10月13日から27日までを服喪期間を延長とするとしていたものの、29日までに変更する。タイ国内外の政府施設、公営企業、政府組織、教育施設では半旗を掲揚する。白黒の幕や看板を公共の場、公共施設から撤去を開始するのも29日夜からとする。

故プミポン前国王の火葬式は、10月25日から29日の間に執り行われる。バンコクの王宮とエメラルド寺院は10月1日から29日まで閉鎖される。

タイ全土の観光スポットは通常通り開かれ、交通機関、銀行、商業施設、病院、公共サービスも通常通り運営される。タイ政府観光庁では、公共の場ではできるだけ節度のある服を着用し、不適切、侮辱的な言動は控えるよう呼びかけている

情報提供元:Traicy
記事名:「タイ、故プミポン前国王の服喪期間を延長 10月29日まで