JR東海は、鉄道用品の販売を行うウェブサイト「JR東海鉄道倶楽部」を、10月12日正午に開設する。

サイト開設時には、東海道新幹線で活躍した後に引退した700系車両の部品や、JR東海の運転士や車掌が乗務時に実際に使用した時計などを販売する。商品は順次追加する。商品ごとの販売個数には限りがあり、なくなり次第終了となる。

商品の一例は、運転台椅子は8万円、グリーン車座席は8万円、車掌室回転椅子は1万5,000円、行先表示器字幕は4万5,000円、乗務員用腕時計は1万5,000円、普通席テーブルは5,000円、社内搭載ハンドメガホンは5,000円。いずれも消費税と送料込みとなる。

情報提供元:Traicy
記事名:「JR東海、鉄道部品のネット販売を開始 グリーン車座席は8万円