国土交通省は、「羽田発着枠政策コンテスト」で発着枠の配分を行った、東京/羽田〜鳥取・石見線の2路線への発着枠の配分期間を2年延長する。

従来の発着枠の配分期間は2018年3月24日までだった。9月13日に開催した「羽田発着枠政策コンテストにおける取組の評価検証に係る懇談会」で、取り組みの評価を行い、一定の効果が認められるとして配分期間の延長が決まった。

評価は6人の委員が行い、鳥取空港は1人が大変優れている、5人が一定の効果が認められるとした。一方で、石見空港は4人が一定の効果が認められる、2人が大幅な改善を要すると評価した。総合評価はいずれも一定の効果が認められるとした。

羽田発着枠政策コンテストでは、東京/羽田〜山形・鳥取・石見線の3路線に1枠ずつ配分しており、山形線は日本航空(JAL)、鳥取・石見線は全日空(ANA)が運航している。当初の配分期間は2015年3月までの2年間で、評価が高かった山形線は3年間、鳥取・石見線は2年間配分期間が延長されていた。

情報提供元:Traicy
記事名:「国土交通省、東京/羽田〜鳥取・石見線への発着枠配分期間延長