シルクエアーは、スクートが運航しているシンガポール〜ヤンゴン線を、10月29日より引き継いで運航を開始する。

シルクエアーとスクートは、いずれもシンガポール航空グループの航空会社。シルクエアーは短中距離線を運航するフルサービスキャリア、スクートは格安航空会社(LCC)。機材効率の最適化と他のネットワーク開発のため、移管を行う。

シルクエアーはすでに、シンガポール〜マンダレー〜ヤンゴン線を週3便、シンガポール〜ヤンゴン線を週10便運航している。スクート運航便の引き継ぎ後には、シンガポール〜ヤンゴン線を週15便運航することになる。シンガポール航空も1日1便を運航している。

スクートでの10月29日以降運航便の予約客は、シルクエアーに振替を行う。キャンセルする場合は無料で受け付ける。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「シルクエアー、スクートのシンガポール〜ヤンゴン線を引き継ぎ 10月29日から