法務省入国管理局は、羽田空港で顔認証ゲートの運用を10月18日より開始する。

設置場所は上陸審査場で、日本人の帰国手続きのみが対象となる。IC旅券のICチップ内の顔の画像と、顔認証ゲートのカメラで撮影された顔の画像を照合して本人確認を行う。確認後問題なければゲートを通過することができる。従来の自動化ゲートと同様、パスポートにスタンプを押印してもらう必要はない。対象となるのはIC旅券を保有し、一人で機械が操作できる身長が135センチ以上の人。事前登録などは不要。

今後は他の空港にも顔認証ゲートの導入を進めていく。

情報提供元:Traicy
記事名:「羽田空港に「顔認証ゲート」 日本人の帰国を対象に10月18日から導入へ