エイチ・アイ・エスは、Timelooper、カンボジア観光省と連携し、アンコールワットの歴史をVR(仮想現実)で体験できるコンテンツを共同開発した。

現地に行かなければ出来ないVR体験を、10月7日より「シブヤVRランド BYハウステンボス」で先行してサービスを提供する。11月上旬からは、アンコールワットに訪れた旅行者に対し、今までにない体験と歴史認識を深めてもらう目的で提供する。収益の一部はカンボジア国内の遺跡の修復にも役立てる。

謎に包まれたアンコール王朝の過去の歴史を再現したもので、カンボジア観光省・文化省、アンコール地域遺跡保護管理機構が監修し、現存する資料に忠実に、12世紀前半のアンコールワットの建築の様子や、アンコールワットを上から見た際の全体像と周囲の様子をいくつかの年代に設定した内容で制作した。

アンコールワットには、年間220万人以上の旅行者が訪れている。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「エイチ・アイ・エス、アンコールワットの歴史をVRで体験できるコンテンツ開発