エクスペディアグループは、宿泊施設向け予約管理システム「Expedia PartnerCentral(EPC)」に、新ツールとなる「EPC Property Analytics(EPC プロパティ アナリティクス)」の導入を開始した。

競合他社や市場動向の最新データを活用し、宿泊施設の予約や収益の増大を目的としたツールで、宿泊施設で実績を評価するためには情報が不足している場合も多いほか、膨大な時間や労力を要することも多いという。「EPC Property Analytics」では、宿泊施設は自身のページがどのくらいユーザーにチェックされているか、宿泊予約の成約率、平均客室単価(ADR)を確認することや、過去実績や競合施設の実績と比較することもできる。潜在的な問題を通知し、対応を促す機能も搭載している。

「EPC Property Analytics」の提供価格は無料。日本語を含む多言語に対応している。

情報提供元:Traicy
記事名:「エクスペディアグループ、宿泊施設向け予約管理システムに新機能 予約や収益増に貢献