ヒルトン大阪は、10月より段階的に、レストランや宴会場など3フロアで大規模な改装を行う。

2階にはオールデイダイニング、グリル、日本料理レストランを設ける。2つの個室や日本酒のバーカウンター、ワインルームもオープンする。3階には新たに200平方メートルの中規模宴会場2部屋、収容人数を増やしたエグゼクティブラウンジ、会員制ラウンジ「ゴールデン キー クラブ」を設ける。10階には客室26室を新たに追加する。改装完了は2018年7月で、総工費は約28億円を見込む。

2013年には大・中宴会場、2014年には全客室、2015年にロビーの改装を行っている。大阪へはコンラッド、インターコンチネンタルホテルなど外資系ホテルが軒並みオープンしており、1986年に外資系として初めて大阪にオープンしたヒルトン大阪では、大規模な改装を通じて競争力の強化を図る考え。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「ヒルトン大阪、10月から3フロアを段階的にリニューアルへ