ルフトハンザグループは、ユーロウィングスの事業拡大を決めた。

約10億ユーロ規模の投資を行う方針で、エアバスA320ファミリー31機、ボンバルディアDHC8-Q400型機20機を含む最大61機を取得する方針。一部機材の取得は、破綻したエアベルリンの事業買収の動向によるという。

ユーロウィングスは、エアベルリンからウェットリースで20機を運用してきた。購入機材は15機、購入オプションが付いたリース機材が5機となる。エア・ベルリンの買収により、最大で3,000人の追加雇用も見込まれているという。すでに必要な求人広告や人員配置手続きを開始した。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「ユーロウィングス、事業拡大へ エアベルリンの事業買収も