イギリスの格安航空会社(LCC)であるモナークエアラインが破綻し、全便の運航を停止した。

11万人が旅行先で足止めされており、影響人数は30万人とみられている。現在海外にいる乗客のための帰国便は、今後2週間以内の帰国便に限り、無償でイギリス政府が手配するという。大多数の利用者のフライトは、元の予約と同じ時刻もしくはそれ以降の時刻で手配する。出発時刻の3時間前までにチェックインするよう呼びかけている。

今年になってヨーロッパでは、アリタリア航空、エアベルリンの大手2社が相次いで経営破綻しているものの、2社は現在も運航を継続している。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「モナークエアライン、全便の運航停止 影響人数は30万人