三菱重工業は、名古屋航空宇宙システム製作所小牧南工場内のMRJ最終組み立て工場に、「MRJミュージアム」を11月30日にグランドオープンする。

最終組み立て工場の5階約1,150平方メートルに、胴体やエンジン、フライトデッキ、客室などの実物大模型を設置した展示室を設け、航空機の基本原理やCFD(数値流体力学)解析による空力設計、燃費性能が優れた排ガス対策・騒音レベルが大幅に改善された次世代航空機エンジンなど、MRJに採用された先端技術を映像で紹介する。2階では実機の製造作業を見学することもできる。

開館時間は午前10時から午後5時40分まで、最終入館は午後4時10分。毎週火曜日と年末年始が休館日となるものの、祝日やゴールデンウィーク、お盆は開館する。見学の申込みは事前予約が必要で、10月末から受け付ける予定。

情報提供元:Traicy
記事名:「MRJ最終組み立て工場に「MRJミュージアム」、11月30日オープン