ベトナム航空は、スカイトラックスより2年連続で4つ星の認定を受けたと発表した。

サービス品質や迅速な顧客対応、快適さなどが評価された。2017年1月から8月までの定時運航率は90.2%と、前年同期比7ポイント上昇している。機内でのアンケート結果も前年度より高い評価を得ているという。24時間365日体制のコンタクトセンターの本格運用も開始しているほか、ハノイ・ノイバイ国際空港の国内線ターミナルには3つのラウンジを開設している。

ベトナム航空では、エアバスA350-900型機を8機、ボーイング787-9型機を11機導入するなど、機材を刷新している。日本へは週最大68便を乗り入れている。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「ベトナム航空、スカイトラックスが2年連続で4つ星に認定