ユナイテッド航空は、アメリカ運輸省に、ヒューストン〜ハバナ線の増便を申請した。現在は土曜の週1便を運航しており、デイリー化する。

ヒューストンとハバナを結ぶ路線は、2016年12月より運航を開始している。ヒューストンは建材や石油、ガス業界に関連する部品やサービスなどのキューバでの需要が高い原材料や、穀物、大豆、とうもろこし、鶏肉の輸出地点であることから、ビジネス需要が大きいとしている。アメリカ中西部44地点からのアクセス改善も見込む。

アメリカ運輸省の承認後、ボーイング737-800型機でユナイテッド航空が運航するか、エンブラエルE175型機でメサ航空がユナイテッド・エクスプレスとして運航する計画。

ユナイテッド航空は、ニューアークとハバナ間を毎日1便運航しており、ヒューストン〜ハバナ線の増便が認められれば、1日2便体制でアメリカとキューバを結ぶことになる。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「ユナイテッド航空、ヒューストン〜ハバナ線の増便を申請 デイリー運航へ