日本航空(JAL)とハワイアン航空は、包括的業務提携を行った。

日本とハワイを結ぶ路線での共同運航(コードシェア)、ラウンジの相互利用、マイレージプログラムでの提携などを2018年3月25日より順次開始する。将来的には、アジアとハワイを結ぶマーケットを含んだ共同事業を展開することを見込んでいる。

両社のコードシェアの対象となるのは、ハワイアン航空が運航する、札幌/千歳・東京/羽田・東京/成田・大阪/関西〜ホノルル線と東京/羽田〜コナ線、JAL便と乗り継ぎができるハワイ州内路線、JALが運航する、東京/成田・名古屋/中部・大阪/関西〜ホノルル線と東京/成田〜コナ線、ハワイアン航空便と乗り継ぎができる国内線とアジア路線。両社のコードシェア便ではマイルの積算が可能となるほか、2018年度以降準備が整い次第、特典航空券への交換が可能となる。

JALパックはハワイアン航空便を利用する旅行商品を販売する。ハワイアン航空は成田空港の利用ターミナルを第1ターミナルから第2ターミナルに移転する予定としている。日本とハワイの両社のラウンジは相互利用が可能となる。

情報提供元:Traicy
記事名:「JALとハワイアン航空、業務提携 マイル提携やラウンジ相互利用