ジェットスター・ジャパンは、東京/成田〜宮崎線を開設する。

国内線を複数路線新たに開設する計画で、東京/成田〜宮崎線を開設する。9月20日に宮崎県庁で発表する。さらに東京/成田〜長崎線の開設も社内で検討している。宮崎、長崎ともに格安航空会社(LCC)初就航となる。来春には中部国際空港に第3拠点化するとすでに発表しており、名古屋/中部発着便を増やす。

地方都市で初めて就航した大分が、地方空港や会社、航空会社が協業し、新たな需要を作るという面で、大分空港は利用者数が年々減っていたものの、増加に転じ、就航前より旅客数は12%が増加したという。就航から4年目となる鹿児島も、ジェットスター・ジャパン就航後には旅客需要が増加しており、LCCが入ることで成功しているという。片岡優社長は、「宮崎も同様の成功例になると確信している。新たな需要を作れる路線。」と話した。

国際線も検討しているものの、LCCの中でトップシェアを持つ国内線に比重を置いた路線展開を図る計画。2018年前半に22号機と23号機を導入するとした。

きょう9月14日よりビジネス旅客向け運賃「フレックスBiz」を通常予約サイトでも販売を開始した。有料会員プログラム「Club Jetstar」をリニューアルするほか、NTTドコモのキャリア決済も導入するなど、サービスを強化し、競争力強化を図る。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「ジェットスター・ジャパン、東京/成田〜宮崎線開設へ 長崎就航も検討