日本航空(JAL)は、マニラのニノイ・アキノ国際空港の「サクララウンジ」を9月12日にリニューアルオープンした。

7月1日より閉鎖し、リニューアル工事を行っていた。ラウンジスペースを大幅に拡張し、ラウンジデザインを一新した。ラウンジ内にはダイニングエリア、ラウンジエリア、トイレ、喫煙ブースを設け、電源やUSBポートも確保した。特製ビーフカレーをはじめとした温かい食事、サンドウィッチ、デザート、アルコール、ソフトドリンクを提供する。混雑時には出国エリア内3階にある、カンタスラウンジを案内することもある。

「サクララウンジ」は、ファーストクラス、ビジネスクラス、プレミアムエコノミークラス利用者とエコノミークラスの予約クラス「Y」運賃利用者、JALマイレージバンク(JMB)のダイヤモンド・JGCプレミア・サファイア会員、JALグローバルクラブ会員、ワンワールドエメラルド・サファイア会員、ラウンジクーポン保有者などが利用できる。

JALは、東京/成田〜マニラ線を1日2便運航している。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「JAL、マニラ国際空港の「サクララウンジ」をリニューアルオープン