キャセイドラゴン航空は、10月29日より運休することを発表している、東京/羽田〜香港線の運航を、2018年3月1日より再開すると発表した。

グループの機材繰りやネットワークを最適化した結果、冬スケジュールは運休することを決めていた。機材繰りの目途が立ったことや、人気が高い便であったことから再開を決めたという。

ダイヤは従来の深夜便から早朝便に変更し、2018年夏スケジュールも継続運航する計画。機材はビジネスクラス24席、エコノミークラス148席の計172席を配置した、エアバスA321-200型機を使用する。

■ダイヤ

KA397 東京/羽田(06:25)〜香港(10:40)/3月2日〜

KA396 香港(23:55)〜東京/羽田(04:55+1)/3月1日〜

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「キャセイドラゴン航空、東京/羽田〜香港線の運航再開 来年3月から早朝発着便で