日本航空(JAL)と東武タワースカイツリーは、9月9日から30日まで、東京スカイツリーで空の日特別企画「TOKYO SKY WORLD」を開催する。

9月20日から24日まで、JALの機体をイメージした「赤」と「白」、空の「青」の三色による、新しいライティングデザインの「空の日」特別ライティングを点灯する。9月20日から22日は午後5時45分から午後10時まで、23日と24日は午後5時30分から午後10時まで。

また、JALの歴史を展示する「JAL ミュージアム in TOKYO SKYTREE」では、国内線開設時の定期航空案内、国際線開設時の広告媒体、ジェット旅客機ダグラスDC-8導入時のパンフレットをはじめ、1960年代に仮契約した超音速ジェット旅客機(米国SST)の50分の1スケールのモデルプレーン、日本のエアラインとして初めて国際線に進出したときの絵筆書きによるポスターなど初公開の物も含めた、JALの歴史史料を公開する。9月20日には、客室乗務員によるノベルティの配布や、JAL広報部アーカイブズセンタースタッフによるガイドも実施する。

9月9日と10日には、「JAL SKY WIDER」のシートを展示し、実際に体験することができる。

(画像:©TOKYO-SKYTREE)

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「JAL、東京スカイツリーで空の日特別企画 機体イメージの特別ライティング