パイオニアとみちのりホールディングスは、路線バスの自動運転の実現に向けた実証実験を行うことに合意した。

将来的な路線バスの自動運転化に向け、複数の路線バス会社を傘下に持ち、運行ノウハウを持つみちのりホールディングスと、カーナビゲーションで培った高い自車位置精度、自動運転に必要な走行空間センサー「3D-LiDAR」、自動運転用地図などの開発を進めているパイオニアが知見を活かし、2018年3月期中の実証実験開始を目指す。

具体的には、みちのりホールディングスは、関係バス会社の車両提供と熟練バス運転手の運転情報を収集する。パイオニアは、カーナビゲーションシステムや自動運転に係る技術などを活用した実証実験用システムの構築やデータの分析を行う。対象となるバス会社や路線などは、今後協議する。

情報提供元:Traicy
記事名:「パイオニアとみちのりホールディングス、路線バスの自動運転実現に向けて実証実験