エイチ・アイ・エスは、国内宿泊予約サイト「スマ宿」を8月31日午後6時をもって終了する。

宿泊可能期間は9月30日チェックアウト分まで、予約変更・キャンセル可能期間は10月31日まで。Pontaポイントサービスは8月1日午後6時をもって終了する。11月1日以降チェックアウト分の予約者には個別に連絡を行う。

エイチ・アイ・エスでは、「スマ宿」に代わり、グループ会社のエス・ワイ・エスが提供する、宿泊施設の直接販売支援サービス「DRS」の宿泊施設への販売に切り替え、集客を支援する。DRSは宿泊施設の在庫を集客力の高い販売パートナー上で販売することができるシステムで、宿泊施設は新たなチャネルでの顧客の獲得が可能となるほか、オンライン旅行代理店に支払う送客手数料の軽減にも寄与できるという。

「スマ宿」は2012年3月にオープン。約5年半に渡って運営を行っていた。

■関連記事 エイチ・アイ・エス、宿泊施設の直接販売を支援 9月から 詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「エイチ・アイ・エス、国内宿泊予約サイト「スマ宿」のサービス終了 8月末で