国土交通省は、シルクエアーからの外国人国際航空運送事業の経営許可申請を、8月4日付けで許可した。

10月30日より、広島〜シンガポール線を月・木・土曜の週3便運航する。機材は162席を配置した、ボーイング737-800型機を使用する。

シルクエアーはシンガポール航空グループの短距離路線を運航する航空会社。1989年2月に設立、資本金は2億4,000万シンガポールドル(約196億円)。ボーイング737-800型機、エアバスA319型機、エアバスA320型機の計30機を保有している。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「国交省、シルクエアーの日本乗り入れを許可