香港エクスプレス航空は、10月29日より、名古屋/中部〜グアム線を開設すると発表した。名古屋/中部発、グアム発ともに火・木・土曜の週3便を運航する。

2017年上半期のグアムへの渡航者数は日本からが最も多く、32万人以上がグアムへ渡航した。名古屋からの渡航者数は約43,000人。日本とグアムを結ぶ拠点としては日本で3番目に大きいため、香港エクスプレス航空が低価格の運賃で参入することで、ニーズが高まることを見込んでいる。

香港エクスプレス航空のアンドリュー・コーウェン最高経営責任者(CEO)は、「新しい名古屋〜グアム線の開設は、日本にいらっしゃる当社のお客様に、もっと気軽に魅力的な島グアムを訪れていただくことを可能にします。私たちは、グアムの新鮮な空気、ビーチ、そして豊かな文化をより多くの人々が楽しめるように、手ごろで便利な移動の選択肢を提供してまいります。」とコメントした。

就航を記念して、片道3,980円の特別運賃を設定した。諸税は別途必要となる。搭乗期間は10月29日から2018年3月24日まで。

香港エクスプレス航空は、東京/羽田、東京/成田、名古屋/中部、大阪/関西、高松、広島、福岡、鹿児島、石垣と香港を結ぶ路線に就航している。日本からの以遠権を用いた路線展開は初めて。香港〜グアム線は直行便として運航していたものの、6月に運休していた。

■ダイヤ

UO56 名古屋/中部(13:00)〜グアム(17:50)/火・木・土

UO57 グアム(19:10)〜名古屋/中部(22:10)/火・木・土

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「香港エクスプレス航空、名古屋/中部〜グアム線を開設 10月29日から週3便