タイ・スマイルは、バンコク/スワンナプームとインドのウッタル・プラデーシュ州の州都であるラクナウを結ぶ路線のスケジュールを変更した。

ラクナウのアマウシ空港の滑走路工事の影響でスケジュールを変更していたものの、工事前のスケジュールに戻した。プレミアムエコノミークラス12席、エコノミークラスのスマイルクラス150席の計162席を配置した、エアバスA320型機を使用して週4便を運航する。

タイ・スマイルは、タイ国際航空の短中距離路線を運航するフルサービス航空会社。2016年現在でエアバスA320型機を20機保有し、タイ国内はチェンマイ、プーケット、チェンライ、スラタニ、クラビなど10都市、海外はヤンゴン、シェムリアップ、プノンペン、クアラルンプール、ペナン、コタキナバル、バラナシ、ジャイプールなどに就航している。

■ダイヤ

WE333 バンコク/スワンナプーム(22:00)〜ラクナウ(00:20+1)/火・木・土・日

WE334 ラクナウ(01:20)〜バンコク/スワンナプーム(06:30)/月・水・金・日

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「タイ・スマイル、バンコク〜ラクナウ線のスケジュールを元通りに 滑走路工事で変更