エイチ・アイ・エス(H.I.S)は、宿泊施設の直接販売の支援を手掛けるエス・ワイ・エスと資本業務提携を行こない、エス・ワイ・エスが展開するメディア接続サービス「Direct Reservation System(DRS)」を国内の宿泊施設に提供し、直販の支援サービスを9月より開始する。

インターネット経由での宿泊施設の予約増加や、宿泊施設比較サイトの台頭、SNSによる情報収集、訪日外国人の増加などの需要の変化により、宿泊施設が客室の直接販売を行う動きが活発化していることから、エイチ・アイ・エスでは宿泊施設の直接販売の拡大を支援する。

DRSは宿泊施設の在庫を集客力の高い販売パートナー上で販売することができるシステムで、宿泊施設は新たなチャネルでの顧客の獲得が可能となるほか、オンライン旅行代理店に支払う送客手数料の軽減にも寄与する。管理画面上で多くの販売パートナーへの在庫提供が可能となることで、訪日外国人やこれまで把握できなかった顧客層への効果的なアプローチもできるようになる。

エイチ・アイ・エスでは、宿泊施設が取引先との信頼関係を維持できるよう、エス・ワイ・エスの中立な経営体制や意思決定を維持する。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「エイチ・アイ・エス、宿泊施設の直接販売を支援 9月から