シルクエアーは、シンガポール〜クチン・パレンバン線の2路線をグループのスクートへ路線を引き継ぐ。

シンガポール〜クチン線は10月29日から週4便、シンガポール〜パレンバン線は11月23日から週3便の運航を開始する。当局の承認後、シンガポール〜クチン線は8月、シンガポール〜パレンバン線は10月から航空券の発売を開始する計画。路線移管後の予約客へは、全額の払い戻しやスクート便への変更などの案内を行う。

路線の移管はシンガポール航空グループのリソースの最適化の一環で、シルクエアーは2路線のスクートへの移管後も、マレーシアの4都市、インドネシアの11都市への就航を継続する。また、10月30日にはシンガポール〜広島線を開設するほか、10月29日以降、シンガポール〜ケアンズ・カトマンズ・ヤンゴン・ペナンを増便する。スクートは、マレーシアの6都市、インドネシアの4都市に就航ネットワークを拡大することになる。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「シルクエアー、クチン・パレンバン線をスクートへ移管