スクート(ボーイング787-9型機)

国土交通省は、タイガーエア・シンガポールからの外国人国際航空運送事業の経営許可申請を、7月14日付けで許可した。

タイガーエア・シンガポールはスクートを7月25日付で吸収合併することを予定している。新社名はスクート・タイガーエアとなる予定で、スクートが運航している路線は引き継がれる。ブランドはスクートブランドとなる。

日本路線は、シンガポール〜台北/桃園〜東京/成田線とシンガポール〜バンコク/ドンムアン〜東京/成田をそれぞれ週7便、シンガポール〜バンコク〜大阪/関西線とシンガポール〜高雄〜大阪/関西線、シンガポール〜台北/桃園〜札幌/千歳線をそれぞれ週3便運航している。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「国土交通省、タイガーエア・シンガポールの外国人国際航空運送事業の経営許可申請を許可