チャイナエアラインとマンダリン航空は、徴収を行っている燃油サーチャージを、8月1日以降引き下げる。

日本と台湾を結ぶ路線は、沖縄/那覇・石垣〜台湾線は片道300円、沖縄/那覇〜台中線は同600円、その他の路線は片道500円、東京/成田〜ホノルル線は片道2,000円となる。台湾以遠では、香港線は同1,000円、中国・韓国・東南アジア・ミクロネシア線は同3,000円、インド亜大陸・北米・ヨーロッパ・オセアニア線は同7,000円、台北〜高雄線は無料となる。

また、航空保険特別料金も、マンダリン航空運航路線を除き、1区間あたり300円徴収する。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「チャイナエアラインとマンダリン航空、燃油サーチャージ引き下げ 8月から