楽天とLIFULLは、共同出資するRAKUTEN LIFULL STAYの子会社として、楽天LIFULL STAYを設立し、民泊事業に参入する。

楽天LIFULL STAYは、住宅宿泊事業法に基づき、住宅宿泊仲介業者として観光庁長官の登録を受けた上で、民泊施設を提供したい人と利用したい人をインターネットを通じて結び付ける、新たなプラットフォームを構築する。楽天が有する約9,000万人の会員と、LIFULLの約800万件を掲載する不動産住宅情報サイトと2.2万以上の加盟店ネットワークを通じて、サービスを展開する。

また民泊施設を提供したい個人や法人向けに、施設の準備から運用までを包括的に支援するサービスの提供も予定する。外部パートナーと連携た代行サービスを拡充させ、利用者が安心してサービスを利用できる環境を整える。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「楽天とLIFULL、子会社通じて民泊事業に参入