全日空(ANA)は、10月29日より、東京/成田〜ロサンゼルス線を1日2便に増便すると発表した。

現在は東京/羽田・東京/成田〜ロサンゼルス線をそれぞれ1便ずつ運航しており、増便後は東京とロサンゼルス間を1日3便で結ぶことになる。機材は、ファーストクラス8席、ビジネスクラス52席、エコノミークラス190席を配置した、ボーイング777-300ER型機を使用する。

ANAでは、羽田は国内線と国際線の乗り継ぎ、成田は北米とアジアでの乗り継ぎのハブを目指す、「首都圏デュアルハブモデル」を推進している。便数を増加させることで利便性を向上させ、競争力の強化に繋げる。

航空券の予約・販売は7月3日より開始する。

■ダイヤ

NH176 東京/成田(16:00)〜ロサンゼルス(08:40)

NH175 ロサンゼルス(10:20)〜東京/成田(15:20)

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「ANA、東京/成田〜ロサンゼルス線を増便 東京とロサンゼルス間が1日3便に