エアアジアは、エアバスA320ceo14機をエアバスに発注する同意を締結した。

地域路線ネットワークでの予想以上に高い短期需要の拡大に対応するもので、エアアジアの取締役会での承認後に正式に発注される。

これにより、エアアジアによるA320ファミリーの総発注機材数は592機に拡大する。エアアジアはエアバスの単通路機の最大運航会社で、これまでにA320ceoを171機、A320neoを8機引き渡され、マレーシア、インド、インドネシア、タイ、フィリピンで運航している。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「エアアジア、エアバスA320ceoを14機発注へ