国土交通省航空局は6月21日付けで、ジェットスター・パシフィック航空の外国人国際航空運送事業の経営許可申請を許可した。

ダナン〜大阪/関西〜ハノイ線を月・水・金・日曜の週4便、ハノイ〜大阪/関西〜ダナン線を月・火・木・土曜の週4便を、9月1日より就航する。

ジェットスター・パシフィック航空は、ベトナム航空が約70%、カンタスグループが約30%を出資している。ベトナム国内15都市と、シンガポール、タイ、香港、台湾、中国へ、ベトナム国内線27路線、国際線9路線を展開している。現在は12機のエアバスA320型機を保有しており、2017年内には10機のエアバスA320型機を導入する計画。日本への定期便の就航は初めて。

■関連記事 ジェットスター・パシフィック航空、大阪/関西〜ハノイ・ダナン線就航を発表 9月から週4便 詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「国土交通省航空局、ジェットスター・パシフィック航空の外国人国際航空運送事業の経営許可申請を許可